器質性EDとは?

心配している男性

器質性EDとは、体に問題があることで物理的に勃起が阻害されることです。
器質性EDは3つに分類されます。
まず血液障害によるEDです。
加齢によって動脈硬化が起こると勃起するのに十分な血液が海綿体に送られなくなります。
30代を過ぎて症状が現れ、40代には急増します。
糖尿病では、常に高血糖状態の血液が流れるので、血管壁や血中のタンパク質の糖化が引き起こされ、血液中の成分が血管に蓄積されやすく、動脈硬化につながります。
また前立腺がんや直腸がんなど陰茎につながる血管の損傷や断裂によっても、血液障害によるEDに陥ります。
次に神経障害による器質性EDです。
勃起は性的刺激を受ける中枢と、それを伝える末梢神経が関わっています。
糖尿病性神経症やてんかん、脳卒中などで神経障害あるとEDになる場合が多いです。
そして内分泌機能が低下することです。
男性ホルモンであるテストステロンは、精巣で作られ男性らしい体を作ったり性欲や勃起力、精子の生産など生殖機能を高めたりします。
しかしテストステロンは30代以降から徐々に分泌が減り。
40代~50代では顕著に減少する男性が増加します。
テストステロンの不足は性欲の低下を招くので、性行為の回数が減ってさらにEDを進行させます。
テストステロンは加齢の他にも、飲酒や喫煙が原因とされます。
加齢や生活習慣病が原因の動脈硬化による器質性EDは、バイアグラなどの治療薬で改善します。
ニトログリセリン薬と併用しなければ、副作用が少なく安全性は厚生労働省で認可されています。
手術や事故で血管や神経が損傷している場合は、内服薬で最初様子を見ます。
効果がなければ、陰茎に直接注射する「ICI療法」を行います。