• ホーム
  • ED治療薬の多量使用はかえって逆効果?

ED治療薬の多量使用はかえって逆効果?

彼氏がEDだと、がっかりする女性は多いと思います。
やっぱり好きな男性とはたくさんいちゃいちゃしたいし、その過程ではセックスは欠かせないものです。
しかし、早く治そうと焦って、薬を多量使用すると逆効果なことをご存じでしょうか。
その理由には、薬の多量使用以前の問題が根底にあります。
EDの原因は様々ですが、主な原因はストレスなどの精神的負担だと言われています。
身体的な理由が原因で始まったEDでも、そのことがストレスとなり悪化した、ということが多々あります。
彼氏も辛そうだし、早く治してたくさんいちゃいちゃしたいと思って焦れば焦るほど、その焦りは彼氏に伝わります。
男性の目線で見ればEDは男失格の烙印を押されたかのような気分になります。
大事な彼女を愛してあげられない、「別れを切り出されたりしたらどうしよう…」と不安になっています。
早く治して挽回しなければ、そう思って薬を多量使用してしまうのです。
しかし、ストレスからくるEDは薬では治りにくいのが現実です。
薬の多量使用は体の負担になるだけになってしまいます。
彼氏が薬の飲みすぎるようなら、優しく止めてあげましょう。
薬は適量がきちんと定められているので、多く飲んでも効果が変わらなかったり、体に負担になることがあります。
優しく止めてあげて、焦らないでもずっと傍で支えてあげるということを伝えてあげましょう。
男性はできないことと同時に、EDが原因で愛する人に嫌われることを恐れています。
離れずに、傍で支えてあげるアピールをすることでストレスが緩和され、治療も早く進みます。
はやく治り、彼氏はあなたの献身に惚れ直すことでしょう。
彼氏が薬を多量使用しようとしたら、優しく止めてあげてください。